FC2ブログ
マトゥ 兄やん
http://trancevista.blog32.fc2.com/
World Wide Weblog
これイイ! Kyte 『Two Sparks, Two Stars - EP』 聴いた
2009-01-05 Mon 02:41
おまっとぅ。兄やんです。
今日は単発の音楽話。

EPゆえに「俺的2008年ベストアルバム10傑」には食い込めなかったが、去る12月にリリースされたKyteの新曲(?)、やはりここでプッシュすることに決めた。

kyte01.jpg
『Two Sparks, Two Stars - EP』

Kyte(カイト)とはイギリス出身の5人組。英国らしさブリブリの叙情的サウンドを武器に壮大な音の広がりを表現する、まぁいわゆるシガー・ロスっぽいポスト・ロックの連中です。1st『Kyte』でデビューの2007年、そして2008年の初来日の時点では「カ」の字も知らんかったが、とあるきっかけで聴いてみたら度肝を抜かれ、こ、これはポストシガロス! と狂って今に至る。

kyte02.jpg
若干20歳の子たちだそう。ボーダーって若いな

今回のEP、前アルバムよりもシューゲイズドなギターサウンド、かつ若干のエレクトロな路線に。1曲目『Eyes Lose Their Fire』を例えると、なにやら美化されたMogwaiのよう。3曲目はなんと僕のマストトラック、ピーター・ガブリエル 『Solsbury Hill』(映画『バニラ・スカイ』でも流された曲ね)のカバー。この選曲が大当たり、これほどこの曲を美しくできるとは。
全曲を総括して述べると、各メロ間のキリのいいタメ、背景に活きるストリングス、そして前半から畳み込ませる絶妙な重奏が、この若者たちのポテンシャルを象徴しているような。10分を越える大作『Lights Outside Here』では、彼ら日々精進してるんだな、と唸るくらいの音使いの上手さが垣間見える。むぅ、これは「飽きないレコード」として、永久欠番ならぬ永久欠レコードを与えたいと思う。

現在、当EPはAmazonでは取り扱い不可、Tower Recordsにおいては売っているのかどうか分からん状況ですが、HMVでそつなく購入できるようです。1000円くらいだから買っとけ。

フジロック来ないかなぁ。ヘブンで、夕暮れと共にKyteを聴いてみたい。
別窓 | 音楽・ライブ・フェス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ホルモン青木行ってきた×3 | 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ | ユニコーンが再結成するらしい>>
この記事のコメント
#704 すごい!
こんにちは。
はじめまして。
泣けるほど、Kyteが好きで、Two Sparksにもやられていて。
で、検索したらここにたどり着きました。

凄い人たちです。Kyte

ボーダーはセントジェームスじゃないですね。
何着てるんだろう。(笑)


文章素敵にうまいですね!
2011-03-02 Wed 09:53 | URL | anjin #-[ 内容変更] | top↑
#705
>anjinさん
ご覧&お褒めくださりありがとうございます。
Kyteいいですよね。
夕暮れのタイミングで聴くとまた良しです。

ボーダー、H&MとかMarks & Spencerぽいですよね。ほほ。
2011-03-04 Fri 15:41 | URL | マトゥ 兄やん #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ |
copyright © 2006 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/