FC2ブログ
マトゥ 兄やん
http://trancevista.blog32.fc2.com/
World Wide Weblog
ウインザー行ってきた。急ぎ報告のみ
2010-08-26 Thu 20:21
肩の関節が外れそうになった昨日。兄やんです。
イギリス滞在報告。

UCLが催したSocial Eventでウインザー城に行ったとさ。8月14日だから先々週やね。

uk081401.jpg
↑画像クリックで拡大ちゃん

他のコースメンバーからクイーンと会ったかなどど聞かれた。旗が上がっていたらしい。俺は肉眼で確認できなかったが。

ちなみに現像ソフトをMacにインストールし忘れ、rawファイルをいじれないので、ダイジェストとして一枚画像を。詳細な写真は後日Flicrで披露します。

今日はロンドン最終日。遊んできます。
スポンサーサイト



別窓 | 徘徊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アエロフロート航空を利用し、モスクワ経由でヒースローまで飛んだ
2010-08-19 Thu 01:25
ミルクは日本のほうが美味い。兄やんです。
悪名高いアエロフロートの話。

旅費を極力抑えるため、今回のフライトはブリティッシュ・エアウェイズではなくロシアのアエロフロートを選んでみた。

uk0001.jpg
成田空港出発ウイング

で、ごちゃごちゃポケットから小物を取り出して窓側に着席。

uk0002.jpg


1回目の機内食を食らう。

uk0003.jpg
アルミの中はチキンライスのようなもの

機内食という条件にしては、なかなか美味かったぞ。アテンダントも笑顔見せてたし、サービスの悪さなんて見られもしない。

暇なので音楽を聴いたり映画を観たりする。

uk0004.jpg
The Whoのベスト

uk0006_20100819011846.jpg
何の映画だったか忘れたが、これは日本語の字幕付き映画。ただし言語はロシア語のみ

uk0005.jpg
手元に寄せられるリモコンで自由に操作可能

あとはひたすら寝る。幸いにも僕の席は最後尾だったため、限界までリクライニングできた。

で、2度目の機内食。

uk0007.jpg

これはあまりいただけませんな。シーフードパスタだったがパスタにコシがなく、小麦粉の塊を食べているようだった。そして何故かつくねとパン、ゼリー。この組み合わせのミスマッチさはどういう食感覚から来ているのだろうか。

そしてトランジットのため、シェレメチボ空港に着陸。

uk0008.jpg
この霧。よく着陸できたもんだ

アエロフロートの評価を下げているのは、おそらくこのシェレメチボ空港だろう。帰りたくなるくらい何も無く、店もいくつか閉じている。幸いにも僕が降り立ったのは夕方で明るかったため虚しさも軽減されたが、これが夜だった場合はゾッとする。
あまりに暇なのでロシアのビールとピザで時間を潰す。

uk0009.jpg
ビールは美味いがピザがクソ不味い

uk0010.jpg
こんな皿でよく出すね

というわけで3時間待機のあと、1時間遅れでヒースローへの便が飛ぶ。乗客はざわざわしているのにアエロフロートの乗務員は何食わぬ顔だった。やっとアエロフロートらしさが出たかね。

乗り継ぎ便は特筆すべきことはなく普通。機内が寒くてもブランケット借りられないくらい。

というわけでヒースローからヒースローコネクトに乗って、24:00にパディントンに到着した。日本時間で翌日の朝8時。成田エキスプレスに乗ったのが前日の8時だったから、今回は24時間以上を要した。
しかし、アエロフロートのサービスは悪くないぞ。数年前に機体を新しく買っているし、フライトも安心だった。もっとも心配なロストバゲージや盗難の心配もなく(rimowaのTSAのお陰もある)、スムーズに乗継ぎができた。シェレメチボ空港での待機時間さえ考慮すれば、以後もアエロフロートは乗れそうですよ。

uk0011.jpg
で、12年ぶりのパディントン。若かりし自分が蘇る

次はUCLでの音声学講座か、あるいはウインザー城について。おわり。
別窓 | 徘徊 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ロンドンに来た
2010-08-12 Thu 01:11
ハラショー。兄やんです。
ロンドンの話。

ただいまUniversity College Londonで音声学を勉強中です。
音声学なんて勉強するの7年ぶりだし、ていうか英語聴き疲れた。

これは寮の近く。趣あるねぇ。

IMG_6495.jpg

詳細はまた。


別窓 | 徘徊 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
フジロックフェスティバル'10 行ってきた (2日目)
2010-08-06 Fri 00:04
てい、ていっ。兄やんです。
フジロック2日目の話。

前日30日(金)では深夜のアクトに足を運べず無念であったが、31日はかろうじて深夜のレッドマーキーに居座ることができた。
だが、今年も降雨はそれなりにヘヴィーなもので、体温を奪われ体内アラームが突如として鳴り出す。メンバーは「活き金にする」と言い、べんり屋でレインコートを買っていた。

fuji100201.jpg
オカモト株式会社? ははぁ、これを纏うということはあれか、そうか

あ、2日目の様子を。

13:00~ John Butler Trio (Green)
拠点で酒盛りしながら観る。ヘブン系のアクトがグリーンで演っても絵になるな。セットリストのバランス良かったし、ラストFunky Tonightでの超絶プレイに感動。俺もあんな大人になりたい。

14:10~ Vato Negro (White)
Marsのベーシストを中心としたユニット。一切の装飾を排し、ベースとドラムだけという編成でリリースされた1st『Bumpers』の楽曲を聴いてみたいと思っていたら、隣にオマーがぎゃんぎゃんギター弾いてた。これはMarsではないのか、いや違う、Marsのセッションのよう。前に出演したオマーのプロジェクト以来、再び唖然とさせられて終わり。

fuji100202.jpg
途中のアヴァロンで食べた唐揚げ丼。これは美味かった!

15:10~ Matt & Kim (Avalon) → Moriarty (Orange)
前夜の苗場食堂のステージをキャンセルしたマット&キムがフジ初ステージ。めっちゃ楽しそうに演奏するね。キーボードとドラムのみの編成、アヴァロンの音量で放たれる音を、友人曰く「PCエンジンのゲーム音みたいっすね」。
オレンジに移動。モリアーティはフランスの集団らしい。オールドミュージックを基軸とし、ブルースっぽいものやカントリー調のものを各パートに組み入れたような音。それが端々見え隠れして、面白くも何やら不思議なステージだった。フジ'10での最高の発掘ステージだった。

fuji100203.jpg
アヴァロン。この後、当ステージは大入りになったのだ

16:30~ Jamie Cullum (Green)
拠点で休憩しようと思ったら、僕の好きな音色のピアノマンがグリーンを飲み込んでた。これを期にちょっと聴いてみよう。内容はよく覚えていない。

18:20~ John Fogerty (Green)
一発目からCCR、というかセットリストがベスト・オブ・CCRだった。一見さんのオーディエンスも、ジョン・フォガティの直球ロックに感銘したに違いない。ネルシャツ似合って格好よかった。『Have you ever seen the rain』の大合唱は記憶にずっと残るだろうなあ。

20:20~ One Day As a Lion (White) Roxy Music (Green)
拠点で余韻に浸ったり荷物整理をしていたら、グリーン→ホワイトへの山道が大混雑で動かなくなっていた。ツイッターでは入場規制発動の一方がバシバシ来たのでザックを諦めた。

fuji100204.jpg
この閑散っぷりはどういうこと。この数分後、なかば強引にステージが始まった

やはりブライアン・イーノなんて来ていないか、とモッシュピット(2度入れました)で腕組みしていたら布袋寅泰が現れた。どうやら布袋さんはロキシーミュージックの大フリークとのこと。万感の思いだっただろうな。
肝心のステージはというと、意外と楽しめました。初期の曲も終盤に演ってくれたし、静寂のグリーンで響くサックスは聴くに値した。でもフジの顔である土曜ヘッドライナーとしてはいかがだっただろうか。サイドスクリーンの調子も悪くなったし。

22:30~ Chris Cunningham (Green)
もはやホワイトステージへ移動するのも背信であろう、この2日目行脚。最後はクリス・カニンガムで締めることにした。

fuji100205.jpg
3スクリーンから三者三様な作品を上映していた

またしても「どうぞ」とモッシュピットによたよた進み、異様なテンションの中でプレイ始まる。エグいな、キモいな、心も体も冷えていく。当然か、音を聴いて踊るというよりフィルムを観て圧倒されるようなステージだったから。僕は初カニンガムだったが、過去にも同様の作品を流しているとのこと(男女殴り合いのやつ)。最後は新作だったようだ。音は標準テクノ、ブレイクビーツ。

00:30~ Dexpistols & Roc Trax Crew
フジ'10初の深夜アクト。メンバーと飯を食い、後半のみ鑑賞。Zeebraとかいた。かなり強烈なコラボのようであったのだが、今回の構成がよくわからず、何やらやりきれない気分になって睡魔にやられる。おめおめと宿に帰った。

というわけで、メンバーがホワイトやらレッドやらヘブンやらで満喫している中、僕はずっとグリーンでした。かなりの比率で拠点を独り占めしたこと、ヘッドライナーそして前後のステージをモッシュピットでゆったり観れたことを考慮すれば、最初で最後の貴重な経験だったかと。そういや僕はヘッドライナーをモッシュピットで観たのは初めてかもしれない。

3日目に続く。あ、でもイギリス行くからアップできないかも。
別窓 | 音楽・ライブ・フェス | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
フジロックフェスティバル'10 行ってきた (1日目)
2010-08-04 Wed 00:20
スイカ割り、両拳。粉砕、トラウマ、甘い。兄やんです。
今日はフェスの話。

盆と正月、自分へのご褒美、現実逃避など様々な幸せメタファーで擬せられるFUJI ROCK FESTIVAL、今年も参加しました。今回で我々一行はフジ参加5周年を迎え、女将があいくるしい苗場地区の宿には4年連続でお世話になった。ともなると良い意味での緊張感は薄くなるもので、今年に限ってはタイムテーブルの確認すらせずに「誰が出るっけ?」と訊きながら苗場入りするこの体たらく。
だが、今年はフジロックを激しく心待ちにしている自分がいたのも事実。説明できないが、本当に待ちわびていたっす。ここはくつろぎ別世界、の3日間を以下に振り返ります。

fuji1000.jpg
リストバンドを止める針が折れた。何の暗示かね

14:10~ Mustang (Heaven)
それにしても今年は酷かったリストバンド引換。アホのように時間がかかり、午後からのステージ行脚となった。メンバーに交換を託し、他のメンバーと場外エリアで酒盛り。その結果、愚かなことに酔ってしまい、千鳥足で着いたのがなぜかヘブンだった。なのであまりステージは鑑賞していない。

fuji1001_20100804012423.jpg
撮ったかどうかも記憶に残っていない

15:40~ The Entrance Band (Heaven) ~ 橋本・F・高橋 (Avalon)
3ピースの爆音バンドを見る。サイケデリックと紹介されていたが、聞く限りそうでもない。それでも聴きごたえ十分の音でなかなか面白い。適度に踊って不必要な酒が抜け、やっと自分のフジロックが始まった。
帰り際、甲高い声がアヴァロンから聞こえたと思ったらチャットモンチーだった。このクレジットじゃ気づく人も少ないわな。少しだけ拝観してアヴァロン地区を後にした。

fuji1002.jpg
画像はtoeがプレイ中のホワイトステージ。実に大入り

16:40~ Broken Bells (Red)
今年のフジロックを彩るサイドプロジェクト、その一つにブロークン・ベルズ。清涼ある声と尖らないサウンドでマーキーをチルアウトっす。シンズとは違う雰囲気で非常に良きステージかな。

17:30~ Ken Yokoyama (Green)
拠点で熟睡。ただ『Stay Gold』を演った瞬間に耳が反応して起きた。グリーン周辺のキッズが薩摩藩士のように奇声を上げ、ピットまで駆けていった。いやぁそれにしても唐突にStay Goldとはねぇ。言うなれば辻斬りのようだったです。

fuji1003.jpg
ケンちゃん爆音でオーディエンスを煽る

18:40~ Special Others (White)
メンバーが中央に集まり、アコースティックで静かに幕開け。音を一つ一つ噛み締め、そして僕らのツボを音楽で押す。本当に楽しそうに演奏しているその様に涙腺緩まないわけがなく、最後の『Laurentech』でスクリーンに映し出される宮原くんの感極まった表情を見て、ついにホワイトだ、やったな、と。僕は涙目で有り余る拍手を送り続けた。新曲も含め、すべてが完璧なプレイでした。

20:30~ Broken Social Scene (Red)
やったー初Broken Social Scene! ステージ後方にいたため、誰が来てるかは不明。オープニングに『World Sick』。思っていたほど音の多面性はなく、フロントにギターが4人ほどでけっこうタイトな仕上げでした。突如現れた女性ボーカルには首を傾げるところもあったけどね。

21:30~ !!! (White)
1日目のごちそう。当然の如くMuseが魅せるので、断腸の思いでホワイト到着。やっぱり夏は短パンなのね。そしてチックダンスも、声を張り上げすぎて少しキーが外れてるところも、このバンドなら許す。新譜を中心にフロアを沸かす沸かす。メンバーが幾分変わったようだが、作り出すグルーブは相変わらずで楽しい。前方で観たかったなあ。

1日目はこれで終了。深夜マーキーのMad Professor、Magnetic Manは残念ながら観ることができなかった。初日に苗場入りしたこと、そして老いてしまった己の体が原因。来年度は前日入りしようと心に決めた瞬間でもあった。

2日目の様子は間もなくアップ予定。
別窓 | 音楽・ライブ・フェス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ |
copyright © 2006 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/