FC2ブログ
マトゥ 兄やん
http://trancevista.blog32.fc2.com/
World Wide Weblog
「京都・東山 花灯路 2010」行ってきた
2010-03-21 Sun 23:20
「昭和っぽい」という規準はどこにあるのでせうか。兄やんです。
旅行の話。

我々非常勤講師というのは授業がなければ仕事もないので(だが給料は貰えちゃうぞ)ふらりと旅行してきた。実のところ目的地は香港であったのだが、格安航空券が買えず関西に変更となった。

旅行の目的の一つとして据えたもの、それは表題通り「京都・東山 花灯路」の夜景撮影にある。かつて12月に催される「京都・嵐山 花灯路」には足を運んだことがあるが、東山も風情ある観光スポットの一つ。早春を告げるこのイベントを是非とも撮ってみたいと思い立ち、行ってみた。

まずは青蓮院。天台宗の三門跡寺院として知られる当院の庭園を幻想的にライトアップ。

Syourenin 1 at Kyoto

相阿弥の庭。

Syourenin 2 at Kyoto

神宮道を下り、次は知恩院正面。

Chion-in
拝観はせず。時間なかったもん。

そのまま進み、大雲院祇園閣あたりを撮る。途中で狐の嫁入りに遭遇。

Higashiyama at Kyoto 2

ねねの道。

Higashiyama at Kyoto 1

東山花灯路のシメは清水寺正面。時間足らず急いで撮ったら案の定ブレる。三脚を使っておきながら、これは愚の骨頂である。

kyoto001.jpg

というわけで、滞在時間わずか3時間半という制約の中、三脚を担いで駆け回った結果の産物でした。実際のところ銀閣寺にも平安神宮にも訪れたし、rawで合計6GBを使い切る程のショット数だったが、現像が面倒なので当ブログでの紹介はこれら6枚のみとします。続きはわたくしのflickrで。

それと、今回利用した「APAホテル 京都堀川通」についても筆を取ろう。このホテル、なぜか最上階に露天風呂を構え、夜風に浴びての入浴は心地が良い。更には美味な豆腐で知られる「三代目 茂蔵」のレストランを持ち、朝食はここでビュッフェが可能である。

kyoto07.jpg

「あの男えらい喰いよるな」と囁かれたであろうくらい喰い尽くしてやった。久しぶりにビュッフェで舌鼓を打ったもので、おかげで今回の京都旅行は充足感で満たされたのでございます。

最後は夕焼けに照らされる祇園、八坂神社の通りを撮影し、京都を去った。

Yasaka tower at Gion

「京都・東山 花灯路 2010」
日程:3/13(土)~22(月 祝)
点灯時間:18:00~21:30

さて今回の旅行、お供として抜群の働きをしてくれたものに以下の2つを挙げよう。一つは言わずと知れたiPhone。そのアプリとして「京都はんなりガイド」というものがある。現在位置からスポットを検索し、道順を即座にナビしてくれる。

kyoto09.jpg

加えて「市バス専用 一日乗車券カード」500円。

kyoto08.jpg

京都市内はバス交通網が充実しており、通り過ぎる何らかのバスに飛び乗れば、とりあえず何らかのスポットには到着する。iPhoneでナビをしてもらい、めぼしいスポットに近づいたらしれっと降りる。という成り行き任せ的な行動も成功に収められるのであった。素晴らしいぞ。
スポンサーサイト



別窓 | Flickr | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
宮ケ瀬行ってきた
2009-12-26 Sat 00:09
「Wi-Fi」を「うぃふぃ」と呼び続けた僕は僕は。兄やんです。
今日は久方ぶりのショットなんだぞ。

「日本一のツリーがおるんじゃと」などとそそのかされて、日産セドリックリフトオフで24日(イブ)に行ってきました宮ケ瀬湖。元バイト先の先輩から当日の情報を仕入れ「まっちゃんよぉイブは渋滞するから秦野から峠を越えた方がいいぜ」と盤石の姿勢で臨んだは良いのであるが、13:30本厚木駅出発は余りにも意気揚々過ぎたようだ。渋滞覚悟で選んだ国道412号には車一台たりとも宮ケ瀬に向かっておらず、さながら樹海へと進んでいく気分で萎えた。

14:30には悠々と最寄りのパーキングに駐車、しばし公園内を散歩して大つり橋も渡ってみたが寒いし面白くないので結局は車内待機、連れはiPhoneのアプリでピアノを奏でていた。適当に打った写真は以下に。

miyagase00.jpg

miyagase01.jpg

17時の点灯時間を過ぎても来客はそこそこ、これはどうやらかなりの余裕があったようだ。あぁ、平日なんだったな。

miyagase04.jpg

ちなみに点灯後はツリー周辺は立ち入り禁止区域となる。遠近の効いた、下からの構図で撮ることを望むなら、園内を巡回する「ロードトレイン」というものに乗らないとツリー近くまで寄れないらしい。なので乗った。

The Christmas tree at Miyagase
クリックするとFlickrにジャンプするぞ

このイベント、今年で24回目になるそうだが、地元の方々の協力に強く支えられているんですね。イルミネーションの中にDIY感が節々に出ていて、努力の形跡が微笑ましい。時間の早いうちは地元の中高生や家族連れが多く、屋台近辺は聖夜というより地元の縁日のような雰囲気。札束を積んで演出する豪華さよりもずっと良いです。

miyagase001.jpg
ただ、これを載せて良いものかどうか

その後周辺をざっと観覧し、18:30には宮ケ瀬を後にした。当然ながら帰りも渋滞は無しです。しかし時間が余る。せっかく東名使って厚木まで来たのにやりきれない。なので厚木で名が知れている「千代乃」でシロコロホルモンを喰らう。当店創作「にんにく味噌ダレ」の美味さには驚いた! 近いうちに再訪しよう。

chiyono01.jpg

「厚木シロコロホルモン焼・千代乃」
じうしょ:神奈川県厚木市飯山3136-2



あ、この日イブでしたな。
別窓 | Flickr | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
HOLGA 135BCで写真を撮った Vo.2
2009-04-28 Tue 23:32
講師控室で待機していたら学生と間違えられた。兄やんです。
今日は写真の話。

撮るだけ撮って放置、保管していたフィルムを発見。早速現像してみたぞ。

Water tower
給水塔

Housing complex 1
海岸地区にある団地。築年数のある建築物は好きだな

Wangan Street
新旧織りなす横浜の今

クローズアップレンズでもいくつか打ったが、パララックスの感覚が掴めておらず、どれもフレーミングに納得がいかなかったので不掲載。あとCENTURIAの色彩があまり面白くないのが残念。 次はAGFAで開港祭を撮るぞ!
別窓 | Flickr | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
横浜 三渓園で夜桜を撮った
2009-04-02 Thu 23:29
暗喩と換喩の違いは何だろうか。兄やんです。
今日は写真の話。

久方ぶりに一眼レフを持ち出して、横浜は三渓園の夜桜を撮ってきました。車でスムーズに訪れるには平日の夜しかない。限られた機会は逃さないぜ。

The cherry blossoms in Sankeien

The cherry blossoms in Sankeien 2

Sankeien

1枚目はしっかりと三脚で固定して撮影したもの。しかし頼り過ぎたな。ノイズを恐れてISO下げで撮る。時折襲う強風もあってか、被写体もカメラもブレて締まりない写真になり非常に萎えた。仕方なくせこせことDPPで補正し、やっと人様に晒せるまでに。
一方、残りの2枚はISOを上げて手持ち撮影。三脚やリモートに頼らず、やはり夜間撮影の際はISO800くらいまで上げたほうがいいのかなあ。

横浜 三渓園 「観桜の夕べ」
■じうしょ
〒231-0824
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
Tel 045-621-0634
■期間
2009年3月28日(土)~4月5日(日)
■開園時間 
9:00~21:00(入園は20:30まで)
■料金 
大人(中学生以上)500円
シニア(65歳以上)300円
こども(小学生)200円
■ホームページ
http://www.sankeien.or.jp/index.html

週末4月4日(土)および5日(日)は 根岸駅~本牧市民公園 間でシャトルバスが運行されるようです。自家用車でも構わんが、おそらく週末は大混雑だろうに。
別窓 | Flickr | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
誰も遊んでくれないのでみなとみらいを撮った
2008-12-28 Sun 01:45
声高々にブログ再開を宣言したものの、これといってネタもなく、かつ相変わらず多忙な年末を迎えた兄やんです。
今日は写真。

ああ、誰も相手してくれない。そんな喚きを越えたとき、己の趣味に走るのが独り身か。否、趣味があるからこそ、独り身であるに違いないのだ。どうでもよいな。さ、みなとみらいを撮ってきたぞ。

Minatomirai

万博Yes'89から現在に至るまで、横浜の時を刻んできた観覧車。もはやみなとみらいの象徴に。見慣れた景色ではあるが、撮る度に発見があるのが横浜だったりもする。

Dockyard Garden
ドックヤードガーデン。改めて綺麗な造りだよな

というわけで久しぶりの写真アップ。そろそろFlickrもproにするか。
別窓 | Flickr | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ | NEXT
copyright © 2006 無色の緑の概念が狂おしく眠るブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/